« 『これから50年、世界はトルコを中心に回る』 | トップページ | 『横田めぐみさんと金正恩』 »

2012年3月 4日 (日)

『発酵マニアの天然工房』

B120303 昨日の雛祭りに地元の同窓生が7人ほど居酒屋に集まり、酒を酌み交わしながら老親のこと、自分たちの老後のこと、子どもたちの将来などが話題に出た。そして、いつしか話題が福島原発事故に展開していった。かつて、ある所で福島原発の話題が出たとき、飯山一郎氏の乳酸菌風呂や豆乳ヨーグルトを話題に持ち出したことがあるが、気違い扱いにされた苦い体験をしているので、その後は乳酸菌に関する話題を人前で出すことは滅多になくなった。それでも、昨日集まった同窓生は瓦礫の処理などについて自説を述べる者もいたし、サムライを昔から知っている連中ばかりだったので、久しぶりに乳酸菌風呂や豆乳ヨーグルトについて話題に出してみたのだった。

ともあれ、楽しい一時だったが、帰宅してから『発酵マニアの天然工房』(きのこ著 三五館)を紹介するのを忘れていたのに気づいた。

筆者は東京都心は最早人間の住む所ではないと思っている。その点、飯山一郎氏も同意見のようだ(◆2012/02/29(水) 頭狂から逃げ出す大企業!?)。しかし、仕事や学校といった理由で、東京を脱出したくても脱出出来ない人たちが多いのも事実だ。では、どうするか? 筆者が思うに、現時点で出来る最善の策は飯山一郎氏の唱える「乳酸菌風呂」、「乳酸菌豆乳」、「乳酸菌掃除」だと思う。乳酸菌の作り方などは飯山氏のホームページを読めばいいが、むしろ『発酵マニアの天然工房』を入手して、そのまま書いてあることを実践する方が遙かにベターだ。「乳酸菌風呂」、「乳酸菌豆乳」、「乳酸菌掃除」だけでなく、乳酸菌を使って洗濯をしたり食器を洗ったり出来るということも書いてある。また、市販のシャンプーの代わりに乳酸菌で髪の毛を洗ったり、歯磨き粉ではなく乳酸菌で歯を磨いたりするという話も興味深い。

ともあれ、『発酵マニアの天然工房』は家庭の主婦にとって役に立つ情報が満載というだけではなく、親しみやすいイラスト・図・写真が沢山あって読みやすい実用的な本だ。無論、男連中にとっても役に立つ記事もある。たとえば、「おいしい『お酒』の世界(p.54)というページ…。

お酒…、あれ、きのこちゃんは18歳じゃなかったっけ…、お酒は二十歳になってからだぞ…、なんて固いことは小生は言わない(笑)。ともあれ、大切な我が子を放射性物質から守る最良のバイブル『発酵マニアの天然工房』は、各家庭に1冊備えておきたい本だ。

|

« 『これから50年、世界はトルコを中心に回る』 | トップページ | 『横田めぐみさんと金正恩』 »

コメント

酒…、あー、E-ょ、

甘酒だけんどね…。

お酒は二十歳から…っと。

投稿: サムライ | 2012年3月 4日 (日) 午後 04時57分

お礼参りひな祭り

明かりをつけしょ~原発にぃ~
どかーーんっ!と一発はげあたまぁ~♪

ええーい、さけやさけやー
さけもってこーーーい!!!

投稿: きのこ | 2012年3月 4日 (日) 午後 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114689/54138454

この記事へのトラックバック一覧です: 『発酵マニアの天然工房』:

« 『これから50年、世界はトルコを中心に回る』 | トップページ | 『横田めぐみさんと金正恩』 »