« 放射能地獄を生き抜こう! | トップページ | 平成24年度の御製カレンダー »

2011年8月23日 (火)

落合莞爾氏への反論

『ニューリーダー』(八月号)の落合莞爾氏の記事「陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記」(56)を一読した高橋信一氏より、同記事に対して反論がありましたので、御本人の承諾を得た上で以下に掲載いたします。

拝見しました。幕末維新の志士たちの写真でないことは認めたようですね。私の書いたものを相当引用しています。

しかし、「撮影者上野彦馬、撮影場所長崎に争いはなく、同じ写真を基に被写体の人定だけを争う」というのは、問題に対する認識不足です。

私は、撮影は明治元年であって、慶応元年ではないと説明しているのであって、似た人物の当て嵌めを主張している訳ではありません。似ている人物の候補はいくらでもあることを言っているに過ぎません。なぜ、写真の歴史を真面目に研究しないのか。写真の史料的価値を文献的史料より低くみているのではないでしょうか。

「明治天皇すり替え説」に関しては反論しません。「フルベッキ写真」を介して、論じて欲しくないだけです。興味ありません。

「二人を長崎に送った」といいますが、具視は二人の教育を佐賀藩に託したのであって、大阪に移籍してキリスト教の布教活動に専念することになっていたフルベッキに召喚された訳ではないです。当時のフルベッキの書簡をちゃんと読むべきです。東京に出ることになるのは、明治2年の始めです。ワンワールドか何か知りませんが、本国とのやり取りは手紙でしか出来なかった時代には、フルベッキの書簡が情報の全てだと思います。

ラトガース大学に二人を留学させることになったのは、「岩倉具定公傳」によれば、明治2年暮の大久保利通の助言によるものです。年明けに、兄弟から政府に嘆願書が出されます。

大隈が写っていないと認めているようですね。でも何を根拠にしているのか説明すべきです。私の検証を是とするということか。

「11月21日に佐賀を訪問した兄弟にはフルベッキも同行」は元々、兄弟が佐賀に到着し、それから長崎に送られたことと混同しています。10月21日の兄弟の佐賀到着と、11月21日のフルベッキの兄弟なしの佐賀訪問を混同しています。

最後に、人物が似ているかどうかを基準にものを考える習慣から抜けていない証拠は、「明治4年のラトガース日本留学生の集合写真には、具定の姿はないが原保太郎と岩倉具経が写っている」という文章に現われています。この写真は留学生が何人も持って帰っているので、全員の名前が昔から知られています。諸説がある訳ではない。ラトガース大学のグリフィスコレクションにはグリフィスが帰国後に服部一三からこの写真を借りて複製を作り、裏面に全員の名前を記入したものが現存します。「一枚の肖像画-折田彦市先生の研究」などにも全員の名前が入れられています。勉強不足では。岩倉具定は写っています。「明治の若き群像」に比較出来る写真があります。それと、ここに写っている人たちは「ニューブランズウィックに集合した米国留学生」であり、実際にラトガース大学に学んだ学生は多くはありません。大学の予備校や地元の中学校で学んだ人もいて、ラトガースを正式に卒業したのは、服部一三くらいでした。杜撰な研究をしておいて「明治天皇すり替え説」批判に対して学問的でないと批判する資格があるのでしょうか。

6年間古写真に絡んで歴史の勉強をして来て、失望したのはほとんどの研究者(素人も含めて)が歴史の事実をどう認識するかでなく、歴史の状況をどう解釈するかに腐心していることです。いつまでも、水掛け論になっている原因だと思います。

落合氏の言動はどの程度、世の中に影響力があるのでしょうか。

「明治天皇すり替え説」と「フルベッキ写真」が無関係であることが確定するのに貢献するならよしとします。


《補足》
私が「天皇すり替え説に関して報知新聞の立場をはっきりさせろ」といったのは、報知新聞を挑発し、何らかの対応を求めるための言質であり、私自身は「天皇すり替え」説が学問的検討の価値があるものと認めていません。歴史の事実の記録として、「すり替え」と考えられる証拠は存在せず、勝手な妄想だけが先走っていると私は考えています。この件に関して、これ以上申し上げることはありません。

留学する薩摩藩の青年たちに向って、「とにかくどんな面白いことや可笑しいことや慰むことがあっても決して決して日本魂を失ってはいけません」とこんこんと諭したと言われているフルベッキをワンワールドの手先呼ばわりして彼の人格を汚すような人間に学問する資格などないと思います。

5601_2  5602 5603 5604 5605

|

« 放射能地獄を生き抜こう! | トップページ | 平成24年度の御製カレンダー »

コメント

謎?の人物をネット検索していたら、こちらのブログ記事にたどり着きました。はっきり言ってまともな意見を述べられているのは高橋信一氏だと思います。

まあ謎の人物は、調べれば調べるほど、革新的で確信的なトンデモネタを幅広く提供されている方のようですね。

ホツマツタエ・サンカ・堀川天皇・フルベッキ写真・ワンワールドetcと、読む人が読めばどこから引っ張ってきたネタかすぐ分かりますね。

それら珍説の結末とか解釈を独創的にひねって、新たな珍説として打ち出しているところが斬新ですね。

しかしながら、もともとその根底となる学問的背景からして、全く違う立ち位置にあるお二人なのですから、【日本の若者達の為に…発展的な議論をして】といった認識で解釈することは、本来あり得ない話なのですね。

さらに佐伯祐三の贋作事件にまでもかかわっていたことも分かり、佐伯祐三の画が好きなだけにとてもビックリしました。


投稿: トマト | 2012年7月31日 (火) 午後 01時29分

なんか、感情的な文章ですね。「歴史の事実の記録として(中略)証拠は存在せず」とありますが、一個人が全証拠を確認する事なんて可能なんでしょうか?
思い上がりでは?

仮説を立てて検証する作業の中で、どんな優秀な人でも勉強不足によるミスはあるでしょうし、ニュートンだって、アインシュタインだって、ミスはありますよ。

そのミスを知らずに断言したからって、学問する資格がないってのは、どうなんでしょう?

誰にだって、学問する資格はあるし、落合氏ほどの才覚がある人に学問する資格ないって言うのは、逆に何様のつもりなのって思いますね。

この文章から低脳な私に伝わったのは、自分の努力をアピールしたいのと、自分の好きな人物を汚された事に怒りを感じ、落合氏を攻撃しているという事だけです。

私は勉強不足なので、どっちが正しいかは知りませんが、ブログを見て勉強させて頂いている身としては、日本トップレベルの頭脳を持つ方々が、こんな感情的なやり取りをしている事に興ざめです。

日本の若者達の為に、優秀な頭脳を持つ方々は、大人の対応で、発展的な議論をして頂く事を望みます。


投稿: 歳三 | 2011年9月 6日 (火) 午前 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114689/52546621

この記事へのトラックバック一覧です: 落合莞爾氏への反論:

« 放射能地獄を生き抜こう! | トップページ | 平成24年度の御製カレンダー »