« 放射能に負けねーど | トップページ | 落合莞爾氏への反論 »

2011年5月15日 (日)

放射能地獄を生き抜こう!

今回の福島原発事故だが、インターネットで情報収集をしている人と、そうでない人との間で驚くほどの情報格差が生じている。これが東日本大震災の発生した3月11日以前なら、情報格差も仕方がないの一言で済ませることもできたが、3月11日以降は正しい情報を入手できるか否かによって、その人の命にも関わるようになってきたため、そうも言っていられなくなってきた。

しかし、未だに新聞やテレビといった大手マスコミの報道を、そのまま鵜呑みにしている人たちが多く、筆者が本当の情報を伝えても、素直に納得してくれる人はほんの一握りで、大半の人たちは無関心であったり、アホなこと言うなで終わることが多い。それどころか、小生の情報提供に対して、有り難迷惑だという顔をする人たちもいるのだ。そこで、小生は以下の葉書を親戚友人に送付するのを最後に、以降は問い合わせしてきた人たちだけに情報を伝えていくことにした。

ご参考までに、以下は近く送る予定の葉書の電子ファイル(Word)である。似たような葉書を親戚知人に出したいと思った人は、遠慮なく小生の電子ファイルを使って親戚知人に送ってもらっても構わない。(網目にした「サムライ」や「電話番号」は変更のこと)

「NewSunKIn.doc」をダウンロード

前略 親戚友人の皆様、本日は是非お知らせしたい事があり、この葉書を認めました。
 5月8日、福島原発で開かれた事故対策統合本部の共同会見で、チェルノブイリの148~370万に対し、福島は300~3,000万ベクレルに達したことが明らかになりました。そのため、何も対策を講じないと、近い将来において大勢の人たちがガンになり、奇形児が生まれることが予想されます。
Chernobyl01   
ここで、現時点で考えられる最良の対策は乳酸菌です。詳細は飯山一郎氏のホームページを参照。
http://grnba.com/iiyama/
ご参考までに、乳酸菌の作り方は以下のとおり。
・    米をといだ最初の水をペットボトルに入れ、粗塩を1%加え、常温で1週間寝かせる。1日1回優しく攪拌する。
・    1週間経ったらニオイを嗅ぎ、舐めてみて、酸っぱければ成功、腐っていたら失敗。成功するまで繰り返す。
・    成功したら、乳酸菌を飲んだり吸ったりすることで、身体から身放射性物質が排出されるので、放射能地獄の東日本(東北・関東地方)で生き抜くことができる。
草々
  ※ お電話での問い合わせ、歓迎!
平成23年5月吉日  サムライ  Tel: 03-5555-8888

|

« 放射能に負けねーど | トップページ | 落合莞爾氏への反論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114689/51673413

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能地獄を生き抜こう!:

« 放射能に負けねーど | トップページ | 落合莞爾氏への反論 »