« 相伝のワシントン流の謝罪術と遁走曲 | トップページ | 上野彦馬の写真館と写場の変遷 »

2007年7月 4日 (水)

『ヒバクシャ』

「原爆しょうがない」発言で久間防衛相がついに辞任しました。
久間防衛相の『原爆しょうがない』発言部分の映像

それにしても、後任の防衛相が小池百合子首相補佐官とは世も末です……。これは人材が枯渇している日本を象徴した人事と言えるのであり、安倍首相の選んだ小池百合子という人物の裏の顔については以下の記事を再読願います。
安倍内閣の世にもお粗末な首相補佐官人事

さて、この久間発言を巡って大騒ぎになったマスコミ界ですが、そうした騒動の陰でうっかり見落としそうな、重要な原爆関連の記事がJANJANに載りました。
遺族に無断で臓器を摘出・英核燃料再処理(1)
遺族に無断で臓器を摘出・英核燃料再処理(2)
遺族に無断で臓器を摘出・英核燃料再処理(3・終)

B070704 原爆と言えば一般に広島と長崎の被爆者を連想するのが普通であろうし、過去の話と考えている読者も多いと思います。しかし、実際は第二次世界大戦が終わった当時よりも、現在の方が事態はより深刻なものになってきており、日本の国土に住む人たちのほぼ全員が「ヒバクシャ(内部被曝者)」になる可能性があるのです。ここで、被爆者とせずにヒバクシャとしたのは、『ヒバクシャ』というドキュメンタリー映画を制作した鎌仲ひとみ監督の定義に従ったものであり、鎌仲監督はヒバクシャを以下のように定義しています。

 「ひばく」といえば、「被爆」という漢字を使うが、これは身体の外から放射線を浴びた場合の「ひばく」であり、身体の中から浴びる場合は「被曝」という漢字を使う。しかし、私は、カタカナで「ヒバクシャ」と表現することにした。
『ヒバクシャ』(鎌仲ひとみ著 影書房)p.35

B070703 私の言う、「日本の国土に住む人たちのほぼ全員がヒバクシャになる可能性がある」は後者の「被曝」の危険性を指しています。「被曝」の怖さにいつては鎌仲監督が著した『ヒバクシャ』や同監督のドキュメンタリー映画『ヒバクシャ』を実際に観ていただくとして、なぜ、「日本の国土に住む人たちのほぼ全員がヒバクシャになる可能性がある」と言い切れるのか、映画『ヒバクシャ』の中で肥田舜太郎医師の発言に耳を傾けたり、ウェブで読むことのできる肥田医師の以下の発言に注目してください。

乳ガンはなぜ増えたか

 アメリカの白人女性の乳ガンは、1950~89年に倍増しました。婦人運動の要請を受けて政府は原因を調査、大気汚染や化学物質のせいだと説明したのです。

 本来は企業系のいわゆる御用学者だったJ.M.グールドは、その説明に不審を抱き、たくさんのスタッフをやとって統計を分析しました。全米3053郡のガンの統計を調べてみると、乳ガン患者が増えている郡は1319だけです。

 1319の郡について、水や食べ物の汚染といったあらゆる諸要素との相関を、グールドは緻密に調べました。すると1319郡はすべて、100マイル(約160km)以内に、原子炉(軍用、発電用、研究用など)があったのです。

……中略……

 私はいま、日本でも同じ相関がないのかどうか、確かめようとしています。日本では、原子炉が160km以内に無い県はないので、80kmで試行錯誤しています。作業の協力者を求めています。(筆者:肥田さんの作業の途中経過は『内部被曝の脅威』(ちくま新書)で、すこし触れられています)

当初、自分で被曝の怖さについて一筆書こうと思っていましたが、上記の被曝に関する優れた記事「かくされてきた被曝 ぶらぶら病」で十分言い尽くされていると思いましたので止めます。トドメとなるのが以下のサイトでしょう。オーナーは以前原発に勤めていた平井憲夫さん(故人)です。
原発がどんなものか知ってほしい

原発の怖さを知っているはずの東電をはじめとする日本の電力会社が、どうして未だに原発を推進しているのかについての話は別の次元の話になりますので、機会があればいずれ執筆してみたいと思います。ともあれ、日本の場合は原発が恐怖の内部被曝につながるという点を記憶に留めておいてもらえれば幸いです。

|

« 相伝のワシントン流の謝罪術と遁走曲 | トップページ | 上野彦馬の写真館と写場の変遷 »

コメント

貴重な情報ありがとうございました。以下の反論サイトは大変参考になりそうです。
http://www.faireal.net/articles/6/12/


故平井氏の文章については、数日前に『ヒバクシャ』についてブログにアップする際に参考サイトとして検索していた際にヒットして初めてその存在を知った次第であり、鎌仲監督の作品を“後押し”するサイトとして紹介してみたのですが、そのおかげでrainyさんの意見や上記のサイトのように平井氏の文章に多くの疑問点があると指摘しているサイトの存在を知ったことはラッキーでした。これから仕事の合間に両意見を見直してみると同時に、私の関係する「藤原肇の宇宙巡礼」という掲示板でも問題提起してみたいと思います。なぜなら、鎌仲監督の『ヒバクシャ』を教えてくれた信頼できる知人が上記掲示板と関係し、原爆関連について知識が深いからです。
http://jbbs.livedoor.jp/study/2491/

いつになるかはお約束できませんが、再検討した結果をいずれ本ブログにアップしてみたいと思います。その際は宜しくお願い致します。

投稿: サムライ | 2007年7月 7日 (土) 午前 03時08分

サムライさん今日は
「原発がどんなものか知って欲しい」と言う文章のウソは私自身でも大概論破できますが、問題はその量が膨大なテキストになりやすいのが玉に瑕、ここでは1例を具体的に述べます。

当該文章では内部被ばくが怖いとして紹介し、そこで100回も内部被ばくをしたとの記述有り。
内部被ばくが起こるとその被ばく量評価を行い記録されます。ましてやその体内に取り込まれた放射性物質が存在する限り「管理区域への入域が制限されます(禁止)」。即ちこんな状況になったらメシの食い上げです。即ち上記の内部被ばく云々は体表面汚染モニタに引っかかった回数と推定されます。
体表面汚染は内部被ばくとは全然別の事象ですが、大概原因が防護具の不適切着用に起因しますので、体表面モニタに頻繁に引っかかる人間は何れ内部被ばくを引き起こす可能性がある。

又別箇所には、洗脳教育として5時間の放射線防護教育を指摘していますが、内容を素直に読めば筆者が上記教育を行った様に読めます。
しかしながら上記教育は放射線管理員として電力会社に届けられた者しか行えません、ところが上記の様に頻繁に体表面汚染を繰り返す者は放射線管理員としては落第いや失格です。

即ち並び立たない相反する事象を並列に書いた時点で信用度はゼロです。

下記のURL中に、過去にこの文章と真っ正面から取り組んだ消滅サイトの残骸が残っています。
まぁ反論文にも微妙に間違いが有ったりしますが、圧倒的に消滅サイト反論文の方が正しい記述が多いですね。

http://www.faireal.net/articles/6/12/

投稿: rainy | 2007年7月 6日 (金) 午後 01時52分

コメントありがとうございます。

rainyさんの言う、”なお、「原発がどんなものか知ってほしい」は同じく編集者の都合的解釈やら誇張で7割以上が論破されている虚文に過ぎません”ですが、具体的に両氏のサイトあるいは書籍のどの箇所を示していただければ幸いです。

投稿: サムライ | 2007年7月 6日 (金) 午前 02時38分

鎌仲監督の言われる被ばくの定義がそもそも違いますね。
被爆 は 爆撃 による被災を表します、原爆に限った事では無い。
被曝 は 放射線曝露 による放射線被ばくそのものを指します。

その辺、鎌仲監督は自己都合的解釈を一般化されようとしてますね。
あくまでも作品的都合・・・・とも見て取れます。

なお、「原発がどんなものか知ってほしい」は同じく編集者の都合的解釈やら誇張で7割以上が論破されている虚文に過ぎません。
何せ筆者とされる平井氏と同時期に原発に出入りしてましたので、当該文書のウソは明白です。


投稿: rainy | 2007年7月 5日 (木) 午後 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114689/15645204

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒバクシャ』:

« 相伝のワシントン流の謝罪術と遁走曲 | トップページ | 上野彦馬の写真館と写場の変遷 »